top
ホーム

幼稚園のご案内

教育目標

保育内容

年中行事

入園のご案内

教育相談

アクセス

News & 更新記録
プール幼稚園 2歳児クラス

 
園児フォト日記
未就園児つぼみ組
ぶどうの木

母の会 保護者の声
 
卒園生 卒園生保護者の広場

NEW
学校自己評価結果 事務報告書 財務状況

Tel 06-6698-7700
fax 06-6698-7290

mail メール

こどもたちへのラブレター プール幼稚園ブログ

お母さんていいな

昨年のクリスマスにプール幼稚園のみんなはとても素敵な出会いがありました。
今回はその時の事を皆様にお知らせ致します。

 毎年クリスマスコンサートにはプロの音楽家をお呼びしてこどもたちやお家の方達と友に色々な音楽を楽しんできたのですが、今回プール幼稚園の理事の方からトーンチャイムサークルを紹介して頂いて、見るのも聴くのも初めてのトーンチャイムの音色を聴く事ができました。演奏して下さったのは扇町教会・教会学校の6人のお母さん達。実は皆さん扇町同胞幼稚園の在園児や卒園生のお母様方でした。

 子どもたちは演奏して下さるのが “お母さん達” ということを聞いて、ただそれだけで演奏が始まる前から目はきらきら、心はどきどき。さて演奏が始まってみるとトーンチャイムの澄み渡る透明感のある音色は子どもたち一人ひとりの心にしっとりと染み渡り、いつものがやがやはどこへやら。

 「星に願いを」で始まったトーンチャイムの演奏会はその音色と共に集まった人達みんなで「もろびとこぞりて」を歌って終わりになりました。

 トーンチャイムの音色も歌声もきっと神様のところに届いたことでしょう。
 お母さん達の毎日はどんなにかお忙しい事だとは思うのですが、その中で園のお母さん達も共感する事がたくさんあったように思います。

 “おかあさん”という言葉ひとことで子どもたちの心が和らぐなんてやっぱり“おかあさん”っていいですね。
 これからもいいお出会いを大事にしてお母さん同士繋がっていけたら・・・と願っています。   (2008 12月 )


素直であること

今年に入って2回目の体操教室は “なわとび” でした。

 4歳児も5歳児も一人ひとり跳び方も上手さ加減も違います。勿論跳べない子どもたちも数人いたのですが、指導して下さる川浪先生が「跳ばれへんかってもかめへんで、大丈夫やからな」と少しずつ跳び方の “こつ” を教えて下さいました。腕の回し方、跳ぶタイミングなど「何て上手に説明なさるんだろう」と感心しているうちに跳べない子どもたちが次々と縄跳びを跳んでいくのにはびっくり。

「凄い!」と思ったのですが、その時気付いた事。それは子どもたちの ”素直さ” でした。先生に言われた通りに体がすぐに反応するのです。体がことばの通りに素直に反応しているのです。大人は理屈で考えてしまってはいないでしょうか。


 「そんなんちがうで」「そんなんしってる」ではなく素直に受け入れていく頭や心の柔らかさ。見習いたいと思いました。   (2009 1月)


体をいっぱい動かして

動くことが大好きなプール幼稚園の子どもたち。3学期になっても「せんせい、バトンかして」とリレーごっこは続いています。ふと見ると5歳児に混じって3歳児も4歳児も仲間に入れて貰っています。

3歳児や4歳児を上手にバランス良く列の中に入れてリレーは始まります。3歳児が円周の中を走っても何も言いませんが同年齢の友だちが走ると「なか、はしったらあかんで〜」とすぐにチェックが入ります。

リレーはメンバーも入れ代わりながら何回も何回も続いています。
大縄跳びも5、6人一緒に跳んだり一人で何回跳べるがに挑戦したり、4歳児は健康そのもの。周りで回数を数えている子どもたちも嬉しそう。こちらも健康そのもの。

時間があると常に体を動かしている子どもたち。夜はきっといい夢をみてぐっすり眠るんだろうなあ。みんなの元気さには脱帽です。 (2009 1月)

 


Copyright(c) 2005-2016Poole Kindergarten All rights reserved.
掲載の文章・写真・など、すべてのコンテンツの無断複写・転載・を禁じます。